副業の現在(いま)を知る

副業の現在(いま)を知る

一口に副業と言っても今の時代副業をしてる人なんて珍しくありません。僕の場合はFXや株式トレードでの収入もあるので他の人とは始めたキッカケはちょっと違うかもしれないけど、では実際にどういう人が副業を必要としてるのか、副業とはどういうものなのか、副業の現在を斬っていこうかと思います。

副業は認められている?企業の副業に対する意識

副業に対して容認している(または禁止はしていない)企業と全面的に副業を禁止している企業との割合はちょうど50%という割合。

とは言え近年は増加傾向にあるようなので、これからは副業がもっと一般化されていくものであるというのは間違いないですね。

それでも副業に対して【条件付き】で容認している企業がまだまだ多いのが実態。しかし、その条件に関しても、マネコンは簡単にクリアしているのだから凄い。

ではその条件とは何なのか…

本業のパフォーマンスが高まる事が前提

つまり、副業はしてもいいけどそれを本業に活かせって話しですね。

でもまぁこれはマネコンであれば時間の自由は作れるし、お金の余裕も増える事で作れる人脈がある。だから企業が提唱する条件ってやつもクリアしてるので問題ないって事になります。

副業全面禁止の意外な理由

それは、「過重労働」につながるからというもの。確かに働き方改革なんて叫ばれるこの時代で過重労働で企業側に責任が押し付けられたらたまったもんじゃないとおもいますが、マネコンであればあくまでも自分のペースで働けるのでこの点も明らかにクリアしてると言えますね。

それでも全面禁止の企業がその考えを簡単に覆すという事は少ないかと思いますが。

副業の平均月収データについて

これに関しては意外な結果が出ています

「約15万円/月」

…低すぎませんか?これ?

マネコンで月の収入が100万円程の僕からしてみれば、なんか残念でなりません。

それも、時間を犠牲にしてそれなりの労働をした上でこの収入なんだとしたら、今すぐにでも「マネコンを紹介したい」くらいです。

つまり、今このサイトを読んでる人はラッキーと捉えてみたらどうでしょう?

口コミを見る限り、月の収入30万程度は問題なく稼げるようになると思いますよ。仕事の内容としても簡単なものだし、自分の時間も確保できますし、はっきり言って必死こいて働いて月15万っていうような事態には絶対に陥らないという事は僕が保証します。

今だからこそ、やるべき副業ってマネコン一択なんじゃないでしょうか?

TOPページを見る